ビールの作り方を学べる本おすすめ5選!自家製ビールを作りたい

ビールの作り方を学べる本おすすめ5選!自家製ビールを作りたい

最新更新日:2022/10/13

ビールの作り方を知ってみたい!ビールを自分で作ってみたい!ビールについて詳しくなりたい!ビール好きの方ならそう思ったことはあるのではないでしょうか。今回は、クラフトビールを実際に作った私たちが、読んでいてとても参考になった、『ビールの作り方を学べる本おすすめ5選!』をご紹介します!

YOROKOBI BREWERYを立ち上げた私たちが厳選!

私たち『YOROKOBI BREWERY』は、20代のビール好きが立ち上げたクラフトビールブランドです。
「自分たちが本当に美味しいと思えるビールだけを作る」という信念のもと、ビール酒造経験0からオリジナルレシピを開発。現在では、様々なイベントやショップを通して沢山のお客様にご愛顧いただいてます。

2022年10月現在では、
HEAVEN TRIP(HAZY IPA)
に続いてなんと第二弾の
ENDLESS PARADE(Smoothie Sour Ale)
を販売しています!

そんな最強にビールを愛する私たちが、読んでいて面白かった、読んでいてためになったと感じるビール作りの本を厳選して5冊紹介します!

  • 手作りビール参考 insert

  • ①『手作りビール読本』

    (2015,笠倉暁夫)農山漁村文化協会
    ¥1,980 (2022/10/13 時点 Amazon調べ)
  • Amazon(画像参照元)
  • まずは、笠倉暁夫さんのこちらの本です。社会人になってからはメーカーで開発に従事していらっしゃったそうです。13年前から自宅でホップを栽培し、ビール文化研究会(サッポロビール設立)が主催する日本ビール検定の初代1級合格者(2013年)でもあります

    クラフトビールという、自分の好みに合ったビールを手づくりする方法を伝授してくれます。手づくりキットでは味わえないビールを作るためには、麦汁・ホップ・ハーブを手づくりするに限るらしく、例えば「ホップ栽培は、グリーンカーテンにも最適であり、ガーデニングでもグリーンウォール(緑の生垣)として活用できる。」といった、自身の往年の知見を知れるためとても興味深い一冊です!

    ②『クラフトビール フォア ザ ピープル ブリュードッグ流 あたらしいビールの教科書』

    (2019,リチャードテイラー他)ガイアブックス
    ¥3,740 (2022/10/13 時点 Amazon調べ)
  • Amazon(画像参照元)


  • こちらは私たちも大好きな有名なスコットランドのクラフトブリュワリー「ブリュードッグ(BrewDog)」、を創設したジェームズ・ワットとマーティン・ディッキーが共著で携わる本です!
    ・クラフトビールとは何か、そしてその味わい方
    ・ビールはどのようにつくられるか
    ・自分でビールをつくる(日本では、アルコール度数1%以上となる場合は酒類製造免許が必要)
    ・ブリュードッグやミッケラー、ストーンなどによる、みんなの憧れの銘柄のレシピ20本を一挙
    ・ビールと料理の組み合わせ方、ビールを使った料理のレシピ

    といったブリュードッグファンにはたまらない情報が載っています!
     

    ③『世界に通用するビールのつくりかた大辞典』

    (2017,ジェームズ・モートン)ガイアブックス

    ¥5,416 (2022/10/13 時点 Amazon調べ)

  • Amazon (画像参照元)
  • この本には、世界各地のあらゆるビールの種類と製法がわかりやすく写真とともに紹介されています。
    ビールを作りたいと思いつつも、恥ずかしながら私たちが全く知らなかった情報がたくさんありました。見るからに珍しいビールと、風変わりな製法があることを知れるいい本でした!様々なビールを買って飲む機会がありますが、もっといろんなことを知りたいと思い、
    原材料を細かくチェックしてしまうようになるほど刺激がある本です!


    ビール造りをしたいという方にとってはドンピシャな教科書となるのですが、一方でビール作りはしないけれどビールが大好きという方や、世界のいろいろなビールを試してみたいという方にもぜひお勧めしたい本です!
     

    ④『クラフトビール フォア ザ ギークス ブリュードッグ流 ビアギーク宣言!』

    (2021,リチャードテイラー他)ガイアブックス
    ¥3,740 (2022/10/13 時点 Amazon調べ)
  • Amazon (画像参照元)
  • こちらは②と同じで、「ブリュードッグ(BrewDog)」、を創設したジェームズ・ワットとマーティン・ディッキーが携わる本です! 前著『クラフトビール フォア ザ ピープル』に続いて、自家醸造のレベルを上げる章も設けられています。もちろん、自宅で完璧なビールをつくるための技術面も伝授。品質と新鮮さがなぜ重要なのかを詳しく解説されており、「ビールの4要素」についても深く掘り下げ、水、麦芽、ホップ、酵母に関してはクラフトビールがどのようにルールを変えてきたのかを知ることができました! 特にオフフレーバー(好ましくない香りや味)や発酵不良を避ける方法がとても勉強になりました。  

    ⑤『発酵の技法 ―世界の発酵食品と発酵文化の探求』

    (2016,サンダー・エリックス・キャッツ)オライリー・ジャパン
    ¥3,960 (2022/10/13 時点 Amazon調べ)
  • Amazon (画像参照元)
  • この本には、ビールの真髄とも言える『発酵』についての知識が載っています。ザワークラウト、キムチ、ヨーグルト、ケフィア、テンペ、ビール、みそ、納豆…、あらゆる発酵食品を網羅したDIY発酵完全ガイドです。世界中で伝えられてきた発酵食品の製法を、野菜、ミルク、穀物、豆類、肉、魚など食材別に解説しています。大量生産された食品を食べるだけの消費者として飼いならされた我々が、再び生産者になる、そんな方法が載っている本となっています!

    いかがでしたか?1冊でも読みたいと思える本があったら光栄です!ビールを作りたい方はもちろん、ビールが好きなだけ!という方も楽しく読める本なのでぜひ読んでみてください!

    私たちのクラフトビールをビール好きの皆様へご紹介!

    今日ご紹介した本の知識を詰め込んで作っている私たちのビールをぜひ紹介させてください!
    YOROKOBIのHAZY IPA
     ☆こちらが第1弾の『HEAVEN TRIP(HAZY IPA)』です。
    口に入れた瞬間押し寄せる、ビールの概念を覆す濃厚でフルーティーな旨味と香りが特徴です!グビグビ飲めるのに実はアルコール7%もあるのであなたも気付けば天国へトリップ!ビールが好きな人はもちろん、ビールが嫌いな人にも大好評で、これがきっかけでビールが好きになった、、、なんて人もいます!
    YOROKOBIのスムージービール
    ☆こちらが第2弾の『ENDLESS PARADE(Smoothie Sour Ale)』です。
    トロトロな飲み口で押し寄せるフルーツの甘みと酸味が特徴です!マンゴーとバナナの甘みと、パッションフルーツの酸っぱさが見事に混ざり合ってまるで南国にいるかのよう! 果たしてこれは本当にビールなのか?! ビール新時代のスムージーサワービールがここに誕生しました。 食後にまったり、楽しい時間の余韻をお楽しみください!
    【ご購入はこちらから!】
    【インスタグラムはこちら

    まとめ

    酒税法などの関係で、なかなか一般的な家でビールを作るのは難しいかも知れません。しかし、ビールが好きな人ならば一度は自分で作ってみたいと思うことはありますよね。実際にビールを作って販売している私たちがぜひおすすめしたい本を5選紹介させていただきました。

    アルコール度数など、様々な制限がある中で、納得のいくビールを作るのは至難の技かもしれませんが、自分で作ったビールにならきっと愛着がもてるはずです!

    ぜひこれを機に自家製ビールを作って楽しんでみてください。