実はビールに入ってない?話題のビール酵母の効果や摂り方を解説!

健康志向が高まる昨今、話題沸騰中なのがビール酵母です。
ビール酵母とは一体なんなのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?
今回はそんなビール酵母に迫っていきます!

そもそも酵母って何?

ビール酵母について知る前に酵母ってそもそも何でしょうか?
「聞いたことあるし、健康に良さそうなイメージがあるけど実際よく知らないな…」
まずは酵母についてざっくり解説します!

酵母は発酵の要(かなめ)

酵母を使って作られるパン

驚かれるかもしれませんが、実は酵母は微生物であり、生き物です!植物や果物の表面や空気中などありとあらゆるものに生息しています。

酵母の働きは「糖をアルコールと炭酸ガスに分解すること」、つまり発酵です。この糖を分解する際に発生する炭酸ガスがパン生地を膨らませるため、パン作りにも多く用いられます!ちなみにパン作りで使われる酵母をイーストと呼びます。 

ビール酵母はビール造りに必須!

先ほども見たように、酵母は発酵時にアルコールを生み出します。そのため当然ですがビール造りにも必須のアイテムです。ビール造りで用いられる酵母をビール酵母と呼びます!

麦芽を煮て生成される麦汁にビール酵母を投入することで、麦汁中に含まれる糖がアルコールと炭酸ガスに変化し、ビールのベースが完成します。そのためビールの弾ける炭酸はビール酵母のおかげなのです!

また酵母は発酵時に副産物としてエステルという香り成分を生み出します。基本的にビールの香りはモルトとホップによって生まれますが、実は酵母の生み出す香りもあったのですね!

実は一般的なビールには含まれていない!

ビール酵母はビールに入ってない

そんなビール酵母ですが、普段私たちが飲むビールにはほとんど含まれていません!

ラガーなどの日本で一般的なビールでは、先ほど説明した醸造段階の最後に「ろ過」があります。このろ過によってビールは透き通った色になるのですが、ここで酵母はビールから除去されてしまうのです!

ただし世界中には100種類を超えるビアスタイルが存在し、その中には醸造段階でろ過をしないビールも存在します。その代表がヘーフェ・ヴァイツェンです!
このビールはろ過をせず瓶内で発酵する醸造方法が使われており、普通のビールと違った味わいが楽しめます。

ヴァイツェンなどの白ビールについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

実は白くない?発祥国が2つ?気になる白ビールに迫る!

ビール酵母にはどんな効果がある?

ここまででビール酵母の役割や重要性がわかりましたね!
しかしビール造りに用いられるビール酵母がなぜ最近人気なのでしょうか?
その答えはビール酵母の持つ効果を知ればわかります!

ビール酵母の主な作用一覧

お腹のハリ

①糖質の吸収を抑える

ビール造りの際にも解説した「糖を分解する」という効果は私たちの体内でも作用します。食べたものが吸収される前に酵母が分解してくれることで糖質の吸収量が減少し、肥満予防や血糖値上昇抑制に繋がるのです! 

②便秘を改善する

酵母には食物繊維も含まれており、お通じの改善にも活躍します。さらに酵母は余分な糖質を分解するため体内の消化・吸収をサポートする効果も持っているため、便秘の原因となる消化しきれない食べ物が減ります。この2つの働きが組み合わさり、酵母は便秘解消に最適なのです!

③免疫力を高める

酵母に含まれるβ-D-グルカンという成分には、血液中の「マクロファージ」や「NK細胞」の免疫機能をさらに活性化する働きがあります。酵母の中でも特にビール酵母にはβ-D-グルカンが多めに含まれているため、免疫力を高めるならビール酵母がおすすめです。

④疲労を和らげる

酵母には細胞の新陳代謝に極めて重要なビタミンB群が豊富に含まれています。これがなぜ疲労回復に繋がるかというと、炭水化物の消化によって生まれるブドウ糖は生物が動くためのエネルギーとなり、酵母によってより効率的にブドウ糖を生成できるからです。

副作用はないけど注意点はあり

ビール酵母には上記のような効用があるため私たちの健康に大活躍です。
基本的に副作用はないですが、注意したいポイントが2点あります!

1点目は大麦にアレルギーがある方はアレルギー反応の危険性があることです。ビール酵母は大麦由来の酵母なので大麦アレルギーの方は注意が必要です。

2点目はビール酵母にはプリン体が含まれることです。実はプリン体は人体に不可欠な成分で、健康な人の場合は尿酸として体外に排出できます。しかし高尿酸値の方はプリン体が痛風に繋がる原因となってしまうので注意が必要です。またお腹のハリを感じる場合もあります。

美肌効果で女性からも人気!

ビール酵母の美肌効果

酵母本来の効果は先述の4つが主に挙げられますが、他にも様々な効果があります。
その中に美肌効果も含まれており、これが理由で今多くの女性たちからビール酵母が注目されているのです!

ビール酵母に含まれる「核酸」という新陳代謝に不可欠な成分が、肌の古い細胞を取り除きシワを予防するのに活躍します

また疲労回復効果で触れたビタミンB群も新陳代謝を助けるので、ビール酵母にはお肌に良い成分がたくさん含まれていると言えます!

噂を検証!育毛への効果は?

ところで皆さんは「ビール酵母には育毛への効果も期待できる」という噂をご存知ですか?
生きていればほとんどの人が悩むことになる「ハゲ対策」ですが、果たして本当にビール酵母が役立つのでしょうか? 

その答えは「効果あり」です!

アミノ酸は髪のツヤやハリを保つ成分であり、これがビール酵母にはなんと9種類も含まれています。
さらにビタミンB2の新陳代謝への効果も頭皮の血流をよくするという点で育毛に役立ちます。ビタミンB2大活躍です!

巷で大人気!ビール酵母パンとは

酵母と言えばやはりパンを作る時に使うイーストですよね。
しかし最近ビール酵母で作られるパンも話題になっています!
ここからはそんなビール酵母パンに迫っていきます!

一番人気は「ビール酵母パン」

ビール酵母で作ったパンの中でも一番人気なのが麦パン工房さんの「ビール酵母パン」です。

ビール酵母パン

http://www.mugipan.co.jp/goods.html

若干黄色味がかっていますが見た目はちょっとサイズが小さめの普通の食パンという感じです。

業務スーパーでは1日5000個も売れるような大人気商品で、お昼までには売り切れてしまうことが多々あります! 

ほんのり甘く朝食やおやつに最適!

何もつけずにそのまま食べるとほんのりとした甘味が口の中に広がります。しかしよく味わってみるとほんの少しだけビールの風味を感じることもできます。この点でビール好きの人にピッタリですが、とても優しい味わいなのでビールが苦手な人も美味しく食べられますよ!

トースターで軽く焦げ目がつくくらいまで焼けばビールの風味が香ばしさに変わりさらに美味しくなるのでおすすめです。

開封後の保存は冷凍庫で!

小さめサイズで7個入りなのであまり余ることはないかもしれませんが、保存は冷凍がおすすめです。
一枚ずつサランラップに包んでフリーザーパックに入れて冷凍保存し、解凍後表面に霧吹きで水をかけてからトースターで焼けば美味しさが完全復活します!

サランラップではなくアルミホイルで包むと解凍後そのまま焼けるのでこちらもおすすめです。

効率的に摂るならサプリがおすすめ

健康成分たっぷりなビール酵母ですが、先ほども書いたように一般的なビールにはほとんど入っていません。

「ほとんど入ってないってことはビールたくさん飲まないと摂取できないの?」

そんなことはありません!逆にビール飲み過ぎは不健康です(笑)
ビール酵母を効率よく摂るならサプリがおすすめです!

多種多様なサプリが選べる

現在ビール酵母のサプリは非常に多く販売されています。
Amazonで「ビール酵母」と検索しただけでもなんと125件ヒットもします。
製薬会社だけでなく大手ビールメーカーからも販売されているところがビール酵母ならではです!

ちなみにビール酵母サプリには飲みやすい粒タイプとアレンジしやすい粉末タイプがあります。 

筆者のおすすめサプリ2選

おすすめサプリは飲む目的によって異なりますが、ここからは筆者のおすすめサプリを2種類紹介していきます。

スーパービール酵母Z

スーパービール酵母Z

https://www.amazon.co.jp/dp/B000BTA4HO/ref=cm_sw_r_tw_dp_TVVN5B3PTVX5PWKDY1S6

アサヒスーパードライを思わせるパッケージをした「スーパービール酵母Z」です。
ビール酵母だけでなくビタミンCや亜鉛も含まれているので、食事で摂れない栄養素を簡単に摂取できます!

目安が1日15錠と多めですが、600錠入りなので約1ヶ月続けられる内容量です。

エビオス ビール酵母粉末

エビオス ビール酵母粉末 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00MVKCQPE/ref=cm_sw_r_tw_dp_MVZHNA9QR4Z19CA4PE9Y

粉末タイプで料理に混ぜて摂取することもできる「エビオス ビール酵母粉末」です。
40種類以上の成分が含まれていながら、天然素材しか使われていないのは驚きです!

錠剤を飲むのが苦手な方も飲みやすいサプリとなっています! 

まとめ

今回は健康成分たっぷりなビール酵母について解説してきました!
健康志向が高まる昨今、これからさらに注目されていくこと間違いなしです。
バランス良い食事と運動、そしてビール酵母を活用して健康な日々を送りましょう!
また次の記事でお会いしましょう!